ティファニーの足利市での販売・買取・中古品はまことや質店

ティファニー/TIffany&Co.

Tiffany&Co./ティファニーの歴史

ティファニー/TIffany&Co.

 ティファニーは1837年、ニューヨークのブロードウェイ259番地に、文房具と装飾品の店、「Tiffany&Young」を創業者チャールズ・ルイス・ティファニーが、友人であるジョン・B・ヤングと共同で創設したのが歴史の始まりです。この店で世界初の定価制度を導入しました。1845年、世界初のメールオーダーカタログを発行。ブルー・ブックとして現在も継承されており、ティファニーお馴染みのティファニー・ブルーはここから生まれ、 この頃から水色のパッケージがケースなどに使われるようになりました。1848年、二月革命から逃れたフランス王室からダイヤモンドの王冠を購入。アメリカに渡った重要な最初の宝石として記録され、これによりティファニーは、宝石商としてアメリカを代表する地位を確立。チャールズ・ルイス・ティファニーはキング・オブ・ダイヤモンドとして多くの人々に知れ渡り、アメリカでの宝石商の地位を手に入れました。
 1850年、ニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し、銀製品製造を開始。これはティファニーにシルバーアイテムが多いことの所以です。1853年、共同経営者達からチャールズ・ルイス・ティファニーは経営権を買い取り、社名を「Tiffany&Co.」と改称し、ブロードウェイ550番地に移転しました。その後パリで開かれた万国博覧会・銀器部門で優秀賞などその後も数多くの賞を受賞。ティファニーはジュエリーより先に、銀器の部門で世界で名声を博しました。
 またアメリカ合衆国の新しい印章デザインを製作し、このデザインは現在もアメリカの1ドル紙幣に使用されています。また6本の爪でダイヤモンドを支えるティファニー・セッティングを発表。現在ではあたりまえの方式ですが、このデザインはティファニー社が考案しました。1889年のパリ万博では、チーフデザイナーであるポールディング・ファーンハムがジュエリー部門のゴールド・メダルを受賞。この受賞でヨーロッパに、アメリカの宝石商の実力を印象づけ、 その後イギリス・ヴィクトリア女王の御用達店にアメリカの宝石商として初めて任命されました。オードリー・ヘップバーン主演「ティファニーで朝食を」が公開されたのが1961年。日本ではこの映画を機に広く知れ渡るようになり、様々な幅広い品質と価格帯の商品が現在も沢山の女性に愛されています。

 
常時ティファニーは高価査定・買取中です

掘り出し物も販売中!ぜひお越し下さい。