グッチの足利市での販売・買取・中古品はまことや質店

GUCCHI/グッチ

GUCCHI/グッチの歴史

GUCCHI/グッチ

 帽子製造業の息子として1881年に誕生したグッチオ・グッチは、ロンドンでのエレベーターボーイやアンティークショップ・皮革会社勤務を経て、1921年高級皮革製品の店をフィレンツェに創業。当初は旅行鞄と馬具を中心にした皮革製品の販売を行ない、徐々に事業を拡大、ハンドバッグや小物の販売も手がけていました。
 グッチは「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとし、品質保証を示すために、デザイナーの名前を入れて商品を販売したのは、グッチが世界で初めてでした。
 その後、第2次世界大戦の影響で、国際連盟による経済制裁により、イタリアは他国との貿易が禁止され、皮革の入手が困難となったグッチの経営は危機に瀕しましたが、グッチオは息子とともに、皮革以外の素材をミックスして製品を作ることを考案。独自のアイディアで見事この困難を乗り越えました。これが、後のブランドアイコンとなる、バンブー・バッグです。
 自社製バッグに自らがデザインを引き、自分のイニシャルのGをふたつ組み合わせた、いわゆるGGマークを使い始めたのもこの頃です。1950年代、メタルビット付きモカシンシューズやストライプ・ウエビング等を発売しこれらも大ヒットとなり、オードリー・ヘップバーンや、アメリカの女優でモナコ王妃となったグレース・ケリー達に愛され、優雅で高貴なイメージやシンボルとなりました。 しかし経営的な内部紛争が絶えず、企業改革に苦慮する日々が続き、90年代に入り抜本的な企業改革に着手。94年にはクリエイティブ・ディレクターとしてトム・フォードを迎え、伝統と歴史に現代的なトレンドをミックスした新しいブランドイメージを作り上げ、ハンドバッグ、小物、カバンなどの革製品をはじめ、靴、ネクタイ・スカーフ、既製服、時計、贈答品、宝石、眼鏡、香水など幅広いラインで、現在も世界最高峰のブランドとして輝き続けています。

常時グッチは高価査定・買取中です

掘り出し物も販売中!ぜひお越し下さい。