ブルガリの足利市での販売・買取・中古品はまことや質店

ブルガリ/bvlgari

BVLGARI/ブルガリの歴史

ブルガリ/BVLGARI

 ブルガリブランドの創始者「ソティオ・ブルガリ」は、ギリシャのカラリテス地方で先祖代々銀細工師を生業とした家に生まれました。一族のなかでも、特に才能のあった子供だったというソリティオは、後に父の仕事を継承します。しかし、1876年にバルカン戦争が勃発すると、安全を求めイタリアに移住します。 ローマに移り住んだソリティアは1884年にシスティーナ通りに最初の店をオープン。ここローマで古代ローマとギリシャの文化の融合した、ブルガリのスタイルの原型が誕生することになりました。「BVLGARI」という表記も、古代アルファベットには「J」「U」「W」の3文字が無く、中世まで「J」は「I」、 「U」は「V」と区別されていなかったことに由来し、歴史の重みを感じます。また、ソティオの細工は、同じ形のモチーフを精巧に重ねて壮大な建物に仕上げるというギリシャ建築の手法にヒントを得たと言われており、カラーバリエーションの華やかさは彼のファッションへの造詣の深さと、抜群のセンスから生まれたものといえます。
 1905年にはコンドッティ通り10番地に店を移転。これが現在のブルガリの本店となっています。ブルガリはジュエリーを販売、金銀細工を中心としていました。息子である、ジョルジョ・ブルガリとコンスタンティノ・ブルガリは、宝石を用いたジュエリーに目をむけ、製造と販売を始めます。この頃から現在の上品で豪華な宝石ジュエリーブランドは、スタートしました。
 1932年、ソリティオ死去。息子のコンスタンティノとジョルジョ兄弟は当時宝飾界で流行していた、アール・デコやアール・ヌーヴォー、ロココといった様式ではなく、ギリシャやローマの古典主義、イタリアン・ルネッサンス、そして19世紀ローマ派の金細工師たちに触発されたユニークなスタイルを宝飾に取り入れた斬新なコレクションを発表し、ブルガリ・スタイルを確立しました。 その代表作には、ローマやギリシャのアンティーク・コインをモダンジュエリーに取り入れたコレクションや、肖像が描かれたコインが美しくマウントされたコレクションです。後者は歴史を物語るコインの肖像の魅力と相まって人気を高め、ブルガリを象徴するものとなりました。1984、85年にパオロ・ブルガリがグループの会長に就任し、ニコラ・ブルガリが副会長を務め、 フランチェスコ・トラーパニ(二人の甥)が社長に就任。その後現在に至るまで、世界各国に出店、腕時計や香水などのアイテムを発表し続けています。

 
常時ブルガリは高価査定・買取中です

掘り出し物も販売中!ぜひお越し下さい。